ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり

日本知財について タイトル

ここから本文です
ローカルナビゲーション終わり

事業手法

知財の事業化にあたり、まずは知財案件と事業計画を評価し、不足する各種経営資源を特定します。
これらを積極的に提供しながら、課題の解決を行いつつ、事業化を狙います。
知財の事業化にあたっては、最大の課題は資金調達です。キャッシュフローを生み出す販売及びマーケティング体制を作ることが不可欠です。
そして、その後は人材の確保と組織戦略、他の事業体との提携をいかに行い、成長を加速するかといった課題が控えています。
当社では、これらのフェーズごとの解決策を的確に提供いたします。
投資家、金融機関からの資金調達を行い、事業推進においては、事業経験者を中心に各専門分野の実務家がマネジメント・チームを組み、事業化の際に必要となる各種経営資源を補完します。
これにより、事業を軌道に乗せるまでの時間を短縮し、中小・ベンチャー企業ゆえの資金や専門人材の不足を解消します。
少しでも多くの良質な知財に基づく事業案件が、我々が構築している信頼すべき人的ネットワークと支援体制に出会い、「デビュー戦の場」を得て頂けることを心から祈ります。
そして、デビューした事業化企画が社会のニーズに合致し、市場で評価を受けるまで、一貫した実務支援を我々は行い続けます。
一つでも多くの成功例を社会に生み出せるよう、常に邁進することが我々日本知財の使命なのです。


多角的事業手法の展開

社内ベンチャー制度を導入しており、働くスタッフの多くが各社事業主。
各事業会社は、資本投資会社・業務提携会社など社内ベンチャー会社です。
社内会社の自主性と独立性を保ちつつ共存スタイルを確立しています。
我が国にある旧態以前の雇用形態概念に捕らわれることなく社内人的統制手法を用い、徹底した成果主義を行っています。
また国内外の優秀なスタッフ確保のため在宅勤務制を導入。
コア職員は知財専属スタッフとして知財グループの司令塔役を担っています。
また社会的な潮流に合わせ社内男女参画基本方針を掲げ、優秀な女性スタッフを擁し女性の社会進出を図っています。




各事業部 

    



ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション
ローカルナビゲーション終わり